忍者ブログ
このブログは、wizon wizardryonline (ウィザードリィオンライン)のプレイ風景をつづったものです JP現アルバロア鯖で活動しているプレイヤーの個人日記です。
[388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   


(。´゚Д゚)ゞヴァーーー

wizardryonlineが10.14日に三周年記念を迎えました。おめでとうございます!

wizon内では記念日に「親方ァ!空から〇〇がァ!」なんていう小ネタを入れつつ、そらから降ってきた超巨大ヴォーパルバニーを倒すというイベントを行ったようですね。

残念ながら参加できませんでしたが、阿鼻叫喚の首ちょんぱ祭りとなったようで、もりあがったみたいですね!

参加できなかったのは残念でもあとからTRなどで話を聞くと「へえ~そんなお祭り騒ぎがあったんだ」と「酒場でほかの冒険者の冒険譚を聞く冒険者」風のRPと思えば全然楽しかったです。

また、5chに現在レプリカ(?)が展示してありますし、アフターフォローはばっちりという感じです。

去年が超巨大グレーターデーモン襲来だったので、本家ウィザードリィの二大人気キャラ、ヴォーパルバニーを今年は推してきたようです。いいねいいね、ウィザードリィの世界にいるって気がしますよ。

今回も感じましたが最近つとにwizonのサービス方針が変わったような気がします。三周年、という区切りなのでそういうお話をちょこっと書こうかな。


*こんな強そうなコスプレ見たことねえ*

*拍手画像を変えました11/16*

拍手[23回]




どこかで昔見ましたが、初代のwizonのプロデューサーアラハゥイこと岩原氏が「ゲームを通して喜怒哀楽を感じてもらいたい」と発言されていました。

わたしはこれを見て、wizonはプレイヤーの感情を喚起するロックなMMORPGというコンセプトなんだな!こりゃ面白そうだ!と感じたものです。

しかしプレイしてみるとそういうエンターテイメント的な要素より、ゲームとしてハードな面ばかりが強調されていた気がします。

また昔は運営さん側の対応も結構そっけなかった気がします。

苦しいトレハンの末に手に入れるレアアイテム。超苦行の末のレベルアップ。修験者並みのキャラビルドの末たどり着く強キャラ・・・そういうマゾい感情喚起を狙っていたのかもしれませんけどね。

初期の僧侶への転職なんて、転職証を求めてランダム湧きのコグールアーチャーを数千匹狩る、というもの。さすがにすぐに救済措置がおりましたが、あれはおもわずリアル仏門を叩き、落髪して僧侶になったが早いほどのバランス。人生の意味について考えさせられました、これも一種の情動喚起でしょう。レベル高すぎです。

蒼の洞窟実装当初も決戦場の解放方法がすごく不評でしたね。あれはアクションなしでなおかつ脳みそも使わないリドル以前、ゲーム以前の何かの指の運動だったのではっきり言って擁護する気にはなれません(笑)あれをやるくらいならアマゾンから届いた段ボールに入っているぷちぷちを半日つぶしていた方がリズム感があってカタルシスを感じるくらいです。

まあ・・・それでさえも仲間と遊べたし、攻略の進んでいないユニメンの分のアイテムを作ったりとそれなりに楽しんで遊んでしまいました。

だからもちろんそういう難易度(?)に依存した楽しさも当然否定はしません。ある程度までは私も好きですから。

これが製作者さん側が提示する最終的なゲームバランスの理想形なら、わたしも長くは続けられないなともおもっていたのは正直な感想です。

ただまあせっかく遊んできたゲームと一緒やあそんだ仲間に愛着があって…プレイを継続するか迷っていました。あとウィザードリィの名前の魔力に惹かれていたというのも大きな理由です。

しかし、なんとなく二周年前後あたりからwizon運営側の方針が変わってきた!と感じました。

以前の記事でも紹介しましたプレイヤーサポート用員『冒険者ギルド職員』たかしさんをついったで起用したり、プレイヤーが開いたお手製のイベントにGMがたびたび来てくれたりするようになりました。二周年記念として初のレイドイベントを行ったりと明らかにプレイヤーを楽しませるために一歩踏み込んでくる姿勢を見せてくださったように感じていました。

後うれしかったのが、サービス提供側も各種サービスやイベントを楽しんでらっしゃるのではないか?という雰囲気がちょっと伝わってきたことです。

おもしろいことやってやるぜって感じです。

そういう雰囲気がいいんだよなあ~。まあ、馴れ合いとかそういうのではなくて、素直に歩み寄りだと思うのでうれしかったです。

復帰直後で知らなかったのですが最近も†Liberal†ワールドの方では手のかかるTRPG風イベントを行ったとか?直接課金にかかわらない部分でお金と時間を割いて頑張ってきているのがわかります。

明かに前と違います。

どうしちゃったんでしょう。


だいたい難しいゲーム、死にゲーがすきなだけなら
『トランスフォーマー~コンボイの謎~』でもやってるっつーの!

というオールドゲーマー達の心の声が届いたんでしょうか?



*ちょっと説明:トランスフォーマーコンボイの謎とは、ムズイ、理不尽、イライラするの三拍子を見事なメガ盛のファミコンのトラウマゲーである。最近「トランスフォーマー」がハリウッド映画になってゲームも新しく出たが、ファミコン小僧どもにとっては真のトランスフォーマーゲームと言えばこれしかない*


・・・・・・・・

話が脱線しましたが、いまのwizonは対応としては非常にユーザーフレンドリーですね。

プレイする気にさせるようにする。というのが今の路線かもしれません。

何がどうなって方針が変わったのか知る由もないし、興味もそんなにありませんが

いちプレイヤーとしてこれからのサービスに期待する所大です。

ただ、いまの流れができる前提として。「どうしようもなく難しくて、対応もそっけなくていっぱいつらいことのあったwizon」がありき、というのも事実でしょう。そのプチ黒歴史あっての今の方針という訳です。

なので、これまでに感謝して、これからに期待しながらまたぼちぼちwizonを楽しんでいこうかなと思う次第です。

ウィザードリィオンライン。素敵なサービスですね。三周年おめでとうございます。









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お疲れ様です!
昨夜はかなり久しぶりにPT組みましたね♪
またタイミングが合えば御一緒しましょう!
それにしてもトランスフォーマーコンボイの謎がマゾゲーだったとは…。
気にはなっていたのですが結局手を出さなかったんですよね。
見た感じテクザー(ファミコン版は鬼畜です)にも似ているような…。
自分的にはマゾゲーと言えばスペランカーが良い線行ってると思います(一週目はヌルイですが)!
sho URL 2014/10/24(Fri)14:18:50 編集
shoさん
ほんと!ひさしぶりでしたねw
是非これからもマメに組んでもらいたいです。
いまではshoさんの後塵を拝するレベルになってしまいました・・・日々の努力大事!
ところでコンボイの謎はスーパーなぞげーです。

マゾゲーというか、無理ゲー、理不尽ゲーの類です。
ゲームというか、何らかの修行だと思われます。
スペランカーがぬるいというshoさんならクリアでき・・・いやいやwやらないほうがいいですw

とらうまになりますよ!
ダミ URL 2014/10/25(Sat)05:40:27 編集
ブログランキングリンク
ウィザードリィブログランキングリンクです。ぱちぱちして、リンク先のブログを読んでみましょう
ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/01 名無しの妄人]
[01/29 ジャバ]
[01/10 にぁおたん]
[01/06 ダミ]
[01/06 りんご]
[12/18 りんご]
[12/18 ダミ]
[12/18 mati]
[12/09 名無しの妄人]
[12/09 たま]
[12/09 りんご]
[12/09 たま]
[08/26 ダミ]
[08/26 ジャバ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ダミ
性別:
非公開
職業:
なんか一生懸命押したり書いたりする仕事
趣味:
ゲーム・縄跳び
自己紹介:
弱い。ひたすら弱い。とにかく弱い

あるときは宝箱の中から爆弾を出すシーフ、またあるときは攻撃の届かないファイター。
ただ皆様の平和と健康と幸福を祈るだけの存在

E-mail:
wizardry_online31jp@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
wizardry online 著作権
(C)Gamepot Inc. "Wizardry(R)" is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved. Licence by IPM Inc. to Gamepot Inc.WizardryRenaissance(TM) (C)2009 IPM Inc.Allrights reserved.
アンケート
忍者ブログ [PR]